寝屋川市議自ら設立した障害者就労支援施設で府の補助金不正受給(ABCテレビ)

スポンサーリンク

寝屋川市議自ら設立した障害者就労支援施設で府の補助金不正受給(ABCテレビ) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00023716-asahibcv-l27
大阪府寝屋川市の市議が、自ら設立した障害者就労支援施設に対する府の補助金を不正に受給していたことがわかりました。
問題の施設は、障害者に就労支援などを行う「ジョブステーション四條畷」で、寝屋川市の元橋理浩市議が設立しました。大阪府によりますと、施設側は去年8月から9ヵ月間「利用者にサービスを提供した」とする嘘の申請を行って、府から補助金約150万円を不正に受給しました。元橋市議は府の調査に対し「嘘だと知りながら資料を作成し、請求してしまった」と不正受給を認めているということです。府は31日付けで施設を指定取り消し処分とし、給付した補助金を返還するよう求めています。
ABCテレビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました